くらげのあしあと

ぼくたちの足跡だって、きっと残らないよ。

海を、夏を、夜を、揺蕩う少年たちの三つの会話からなる「くらげのあしあと」
海底でひとり暮らす青年と、そこへやってきた同い年の青年のお話「鯨のあとに」

sample(「くらげのあしあと」会話ひとつめ)
sample(「鯨のあとに」#ふぁぼの数だけこれから出す本のお気に入りの一文を晒す)



仕様

文庫サイズ/本文88ページ/¥500-
カバー:マットコート(ユーライト)110kg、本体表紙:アートポスト160kg、本文用紙:ソリストミルキー65.5kg、帯:コート(オーロラ)90kg
オンデマンド印刷